DESIGN FOR INTERACTION

「日本財団」ウェブサイトリニューアル

日本財団様のウェブサイトリニューアルにあたり、フロントエンド開発を弊社小島が担当しました。

LAUNCH

BACKGROUND

近年、スマートフォンユーザーの増加や閲覧端末の多様化など、人々がデジタル媒体に触れる機会は色々な形で急激に変化してきました。
このプロジェクトは既に公開されていたウェブサイトに対して、最適なデザインの見直しやモバイル端末への最適化など社会的な最新のインターネット標準に沿ったリニューアルを行い、ユーザーがより快適かつ柔軟・正確に情報にアクセス出来るようアップデートする目的でスタートしました。

ISSUE

リニューアル前のウェブサイトは、全体がウェブアクセシビリティ規格 JIS X 8341-3:2016 のレベルAA準拠が実現されており、その基準を維持しながら高品質なデザイン及びHTMLの構築をする事が求められました。
ウェブアクセシビリティに関しては株式会社コンセント様の監修を受け、HTMLマークアップからCMS構築等フロントエンド全般の開発を行いました。

WEB ACCESSIBILITY

Webアクセシビリティとは、高齢者を含め、視覚や聴覚等心身の機能に制約を持つ人たちでも問題なくウェブサイトを閲覧し利用出来る事を意味します。
JIS X 8341-3:2016という規格は、ウェブサイトをキーボードでも操作出来る、情報が正しいルールでマークアップされている、音声読み上げソフトが正しい順番でコンテンツを読み上げるといった基本的な事を含め、膨大なテスト項目をクリアしているかどうかを示す国際的な基準であり、総務省のガイドラインでも公的機関に対してレベルAA対応が推奨されています。

METHOD

ウェブアクセシビリティの基準を満たしつつ、可能な限り柔軟にコンテンツ運用が出来るようCMSを構築・最適化しました。既に公開されていた膨大な量の既存ページをそのまま移行出来る事や、コンテンツをモジュール単位で自由に構築しつつクオリティの高いデザイン・レイアウトを再現出来るような工夫など、様々な試行錯誤を経て運用とアウトプットクオリティのバランスを維持しつつウェブサイトを成立させています。
また、情報閲覧の邪魔にならない配慮をしつつ、ユーザーが意識し過ぎない気持ちよさを体感出来るようマイクロインタラクション等を組み込み、サイト全体をさり気なく印象づけられるようなディティールを目指しました。

OUTCOME

コンセント社によるウェブアクセシビリティ試験が行われ、JIS X 8341-3:2016 レベルAA準拠が確認されました(ウェブアクセシビリティ試験結果)。
様々な情報が追加・掲載されるウェブサイトである事から、コンテンツやサイト構成はその時々に最適な形で整理・改修される必要があり、その上でクオリティを維持するため公開後も引き続きテクニカル面での運用に関わっています。

CREDIT

  • Client
    日本財団
  • Produce
    株式会社コンセント
  • Project management
    株式会社コンセント
  • Direction
    斎藤 寿大(Saito & Co.)
  • Back-end development
    小関 健吾
  • Art direction
    佐藤 寛(White)
  • Front-end development
    小島 準矢(DSCL Inc.)

OTHER WORKS