News

News Release
2018年3月26日

銭湯好きのためのイベント「OFF呂会」の運営サポート

若者層に銭湯を周知し新規顧客をつくるウェブメディア「東京銭湯 – TOKYO SENTO – 」が、銭湯が好きな10代~30代に向けた交流イベント「OFF呂会」を行いました。
弊社ではイベントのプログラム設計、当日の運営サポートを行いました。

東京銭湯 – TOKYO SENTO –
http://tokyosento.com/

Client: 株式会社東京銭湯

Pocket

News Release
2018年3月15日

ドイツのデザイン賞「iF デザインアワード 2018」を受賞

UIデザインをお手伝いさせていただいてる「RICOH THETA V」が、国際的に権威のある「iF デザインアワード 2018」を受賞しました。ドイツのハノーバーを本拠点とする iF International Forum Design は世界で最も長い歴史を持つ独立したデザイン団体で、毎年優れたデザインを選出し「iF デザインアワード」を授与しています。RICOH THETA Vはプロダクト分野で受賞しました。

詳しくは下記のサイトをご覧下さい。
https://ifworlddesignguide.com/search?search=theta#/pages/page/entry/223067-ricoh-theta-v/

クライアント
株式会社リコー

デザイン
株式会社リコー

デザイン
株式会社トライアンド(旧社名) ※現在、株式会社デスケル

Pocket

News Release
2018年2月19日

未来のコミュニケーションの新規事業開発支援

カシオ計算機株式会社様の未来のコミュニケーションの事業化をゴールにした新規事業開発支援を行いました。本プロジェクトは、カシオ計算機株式会社様の戦略企画室、商品企画室、デザイン室とワークショップを利用したデザイン手法によって、協働しました。

リサーチフェーズでは、任天堂Switch、HTC VIVEといった最新のデジタルプロダクトのユーザ体験、
エクストリームユーザへのインタビュー、有識者インタビュー、体験作文などのツールを利用しました。
分析フェーズでは、テリトリーマップ、プロファイルマップ、ソーシャルランドスケープ、悪口ストーミング、Why5、How might we Question、インサイト因数分解などのツールを利用しました。
アイデアフェーズでは、ストーリーボード、ラピットプロトタイピング、未来のプレスリリース、ブレインライティングなどのツールを利用しました。

代表的なサービスデザインツールに加え、弊社が日本人向けに独自開発しているクリエイションツールを駆使しながら、本質的な体験価値をともに探査し、ともにアイデアを創出した上で、経営層に向けたプレゼンテーションの資料作成を協働し、最終的な事業アイデアの提案に至りました。

Pocket

News Release
2018年2月19日

プロトタイプ開発支援

カシオ計算機株式会社様の社内プレゼンにおける理解促進のためのプロトタイプを作成しました。ソフトウェアとデバイスを連携させたプロトタイプが、コンセプトシートだけでは伝わりづらい体験価値を提供しました。

Pocket

News Release
2018年2月5日

振って呼ぶタクシーサービス「フルクル」ロゴ開発

2017年11月、国際自動車株式会社(kmタクシー)から、スマホを振るだけで空車のタクシーが集まってくるアプリ「フルクル」がリリースされました。
「フルクル」は、普段タクシーを使わない方にもタクシーを利用してもらう機会を創出し、新しい乗車体験を楽しんでいただくゆるいマッチングアプリ(迎車料なし)です。いままで見えなかった空車タクシーを見える化し、スマホを振るだけで空車タクシーが集まってくるという新しいタクシーの乗り方をお客さまに提案します。
弊社では、ロゴ開発を中心にお手伝いさせていただきました。
エンタメ性のあるタクシー体験をコンセプトに、スマホを振るという行為がダイレクトに伝わることを意識して制作しました。

Client : 国際自動車株式会社(kmタクシー)

Pocket