News

News Release
2017年9月20日

新取締役就任と社名変更のお知らせ

株式会社トライアンド(本社:神奈川県相模原市 代表取締役:小橋隆司)は、2017年9月より、株式会社スーパーポジション、株式会社東京銭湯の日野祥太郎(ヒノショウタロウ)と小島準矢(コジマジュンヤ)の両名を取締役として、新たに迎えたことを報告いたします。これに伴い、社名をDSCL Inc.(和文表記:株式会社デスケル)へ変更いたします。

当社は2011年5月10日に設立。株式会社トライアンドとして約6年間、さまざまな企業様と一緒に経済的価値としてのデザインを提供をしてまいりました。今後はより社会的・公共的な場面でも「デザイン」が活用されることを見通し「TRIAND Inc.」は進化いたします。株式会社スーパーポジションは高品質なクリエイティブに定評のあるデザイン会社、株式会社東京銭湯は銭湯を中心とした地域のコミュニティの場をデザインしている会社です。両名を迎えることで、当社が提供するデザインの可能性を広げます。2017年9月、新たにスタートを切る「DSCL Inc.」にご期待ください。

DSCL Inc.(株式会社デスケル)について
「Designing is life : デザインの可能性を広げる、デザインで明日を広げる」


■社名に込めた想い
DSCLの由来となった言葉は2つあります。ひとつは、デザインの基準やデザインの価値を広げるといった意味の「Design Scale」です。デザインという言葉には、”造形(かたち)”といった小さなデザインの意味から”構想(おもい)”といった大きなデザインの意味まで含まれます。これまでは、経済活動を中心にそれぞれを具体化し、ターゲットに伝えることがデザインの役割でした。これからの時代は、経済活動と同じくらい、社会や公共の活動にこれらのデザインの力が必要となってくることを見通し、デザインの可能性を広げていきたいという想いが込められています。

もうひとつは、絵を描く時の構図を決めるための補助道具である「DESKEL」です。絵を描く時、構図を決めるという行為はとても大切です。対象をよく観察し、魅力的なところを発見し、切り取る。そうすることで、描く対象の良さを最大限に伝えられるからです。この行いはビジネスシーンでも同じです。現象をよく観察し、本質的価値を発見し、切り取ることで、ターゲットとなる生活者にその価値を伝える行いと変わりません。このような行いを補助しながら、クライアントと一緒に未来(Vision)を描くという想いを込めました。

■デザインで明日を広げるパートナーとして
DSCLはクライアントの抱える重要な任務や課題の達成をお手伝いするための3つの道具を提供します。
1未来を考えるための道具:リサーチ、ワークショップ、プロトタイピングなど
2未来を見るための道具:スケッチ、サービスデザイン手法、ソーシャルランドスケープなど
3未来を作るための道具:クリエイティブ開発、フロントエンド開発、ユーザビリティテストなど

■DSCLのデザイン領域
・Design for Branding
「コンセプトメイキング、ビジュアルコミュニケーション設計」から「媒体別の各種グラフィック制作」まで。ロゴ、パッケージ、カタログ、広告、SPツール、WEBなどの媒体と利用者の接点を統合的にデザインします。

・Design for Experiences
「新規事業、新製品の体験設計」から「ユーザインターフェイスの実装」まで。アプリやWEBなどのサービスを横断的にデザインします。

・Design for Community
「社会的課題に直面している地域コミュニティの再生や仕組みづくり」から「地方の特産品や街づくりのお手伝い」まで。文化的価値を現代に置き換えながら、当事者たちと一緒に未来に残したい社会的価値を民主的にデザインします。

■新社名と関連会社
英文社名:DSCL Inc.
和文社名:株式会社デスケル
変更日:2017年9月
旧ドメイン triand.jp
新ドメイン dscl.jp (9月より 順次切り替え予定)

関連会社:株式会社スーパーポジション
http://superposition.co.jp/

株式会社東京銭湯
http://tokyosento.com/about/

Pocket

News Release
2017年8月28日

婚活をサポートする婚活手帳アプリ「Conshare」のUX戦略支援

国内最大級の婚活情報サイト「Conshare」が提供する、婚活手帳アプリのUX戦略支援をいたしました。
サービスデザイン手法による可視化による対話型のコンセプト開発から、アプリのアートディレクション、情報設計、UIデザイン、イラストレーション、デザインガイドラインなどのクリエイティブ開発までを担当させていただきました。

Client : COCOLABO, INC
UX Strategy, Art Direction : 株式会社トライアンド
Information Architect, Design : 株式会社トライアンド
Front-end Engineering : 01クリエイティブ、Aura Otsuka
Journey Map illustration : pai
Illustration : Mina Komiyama

婚活情報サイト「Conshare」
http://conshare.net/

婚活手帳アプリ「Conshare」
https://itunes.apple.com/jp/app/conshare-hun-huowo-ji-lusurukarenda/id1180531501?mt=8

Pocket

News Release
2017年8月27日

一般財団法人 日本立地センター様 関東地域政策研究センター ローカルイノベーションによる地域創生プロモーション促進事業「平成29年度 第4回地域プロモーション研究会」の講演


一般財団法人 日本立地センター様の地域イノベーション部が関東地域政策研究センター事業として「ローカルイノベーションによる地域創生プロモーション促進事業」を実施することになりました。その一環として、地域及び企業等の知名度向上あるいはブランド力向上に寄与できるための提案を行えるようになることを目的とした「地域プロモーション研究会」を開催し、2017年8月9日(水)に弊社取締役の平野友規(リサーチャー/デザイナー)が講演とワークショップの実施をしました。

テーマ:『ワークショップの作り方と進め方を「やって みて わかる」ワークショップ 』

スライドを公開しております。是非、ご覧ください。

Pocket

News Release
2017年7月24日

未来の街づくり 公共サービスのデザイン開発支援

ワークショップを通し、未来の街づくり、公共サービスのデザイン開発を、富士通デザイン様と協働いたしました。
未来のソーシャルランドスケープを描きながら、理想の生活は一体どんなものかを考えました。また、その街を実現するためのアイデアを、様々な業種、立場の方々(ステークホルダー)と一緒に創出しました。

Client : 富士通デザイン株式会社

Pocket

News Release
2017年6月29日

「集団体験型VRサービス VirtuaLink」ロゴ開発

コニカミノルタ株式会社とコニカミノルタプラネタリウム株式会社による、集団体験型VRサービス「VirtuaLink(バーチャリンク)」がこの夏、東京スカイツリータウンとダイバーシティー東京にオープンします。
弊社では「VirtuaLink」ロゴ開発のお手伝いをさせていただきました。

Client : コニカミノルタプラネタリウム株式会社

Pocket