a

About DSCL Inc.

デザインだけではありません

DSCLのデザイナーは制作業務だけを担当しません。例えば、市場や競合や生活者を観察し、マーケティング資料を読み解き、サービスやユーザー体験に関わることを企画書にまとめ、“デザイン”を提案します。デザイナーが全工程に関与することで、コミュニケーションを視覚化でき、各専門家を紡ぎ合わせチームを強化します。だからこそ、プロジェクトの初期段階からクライアントのチームの一員として、一緒にサービスやユーザー体験を考えた方がビジネスとして効果的なのです。

ひとつのプロジェクトに3人のデザイナー

DSCLは美術大学を卒業した人たちで構成されるデザイン会社です。デッサンで培われた観察力を武器に狭義のデザインから広義のデザインまでを扱います。そして、会社全員がデザイナーであるからこそ、贅沢にデザイナー資源をプロジェクトに投入できるのです。窓口に立つのは1人のデザイナーですが、常にバックヤードでは2人のデザイナーがプロジェクトに関わります。複数人のデザイナーがプロジェクトに関わることで、プロジェクトを俯瞰でき、多様な視点で評価できるのです。

受注者ではなくビジネスパートナーとして

私たちはクライアントとデザイナーを依頼主と受注者という関係ではなく、対話しながら共にデザインを創り上げていくビジネスパートナーであると考えています。指示を受けて制作するのではなく、クライアントとの対話の中で生まれたデザインを基準とし、そのデザインの目的を一緒に考えながら、本当に求められているものを創出します。そのため、クライアントの中にある本当に伝えたい想いを引き出す媒介者として、DSCLは絵を使った対話型のコミュニケーションを大切にしています。

ワークショップによる参加型のデザイン

DSCLは参加型のデザインを推奨しています。例えば、クライアントはワークショップの中でデザイナーと同じような発想をし、一緒になってデザインを考えることができます。ユーザーが参加すれば、市場投入前の評価が分かります。もしかしたら、ユーザーが本当に欲しいモノを自分で作る可能性だってあります。つまり、本質的に分かっているのはクライアントやユーザーであり、デザイナーはその気づきを最大化し、代弁する役割なのです。さらに、参加型のデザインはプロジェクトに関わるメンバーの当事者意識を高めることにも活用されます。

やって、みて、わかる

DSCLのデザイン哲学として、情報デザインの開拓者である須永剛司氏が提唱している「やって(実践)、みて(省察)、わかる(納得)」という過程を大切にしています。対象をよく観察し、スケッチを描くことで、たくさんの仮説を洗い出し、それらを使ってクライアントと一緒に省察し、お互いに納得しながら、また手を動かす工程に戻っていきます。そして、デザインの妥当性を確かめるためにマーケティングやワークショップを活用します。これがDSCLのデザインプロセス ー「作りながら考える(Think with your hands)」なのです。

Members

小橋 隆司
ディレクター / デザイナー
1984年愛知県生まれ。2007年多摩美術大学美術学部情報デザイン学科卒業。在学中にBYSPICE designを立ち上げ、グラフィックデザインやWEB制作の仕事を始める。2009年〜相模原シティセールスサポーターズとして活動。2011年TRIAND Inc.設立。同社代表取締役社長に就任。2014年から中央区安全・安心と夢・希望のプロジェクト委員。2016年から公益社団法人相模原青年会議所 所属。
楠 侑磨
アートディレクター / デザイナー
1983年千葉県生まれ。2007年多摩美術大学美術学部GD学科卒業。在学中にBYSPICE designを立ち上げ、グラフィックデザインやWEB制作の仕事を始める。2011年TRIAND Inc.設立。取締役に就任。
スタートアップ支援のアートディクション、力強いグラフィックデザイン、新規事業の企画立案・アイデア創発の仕事を担当。
平野 友規
リサーチャー / デザイナー
1983年埼玉県生まれ。2007年多摩美術大学美術学部情報デザイン学科卒業。トランスコスモス株式会社、株式会社コンセントを経て、2011年にTRIAND Inc.設立。取締役に就任。2015年青山学院大学学校教育法履修証明プログラム修了。ワークショップデザイナー認定。2016年東京藝術大学大学院デザイン専攻、情報・設計研究室 修士課程1年。
日本デザイン学会 会員。情報デザイン部会 所属。
https://medium.com/@hiranotomoki
落合 健太郎
テクニカルディレクター / エンジニア
1984年山梨県生まれ。2007年多摩美術大学美術学部情報デザイン学科卒業。株式会社2ndfactoryを経て、2012年技術顧問として参加。2014年取締役に就任。
村上 由朗
アートディレクター / デザイナー
1988年東京都生まれ。 2011年多摩美術大学美術学部GD学科卒業。TRIAND Inc.設立当初から制作アシスタントとして従事し、2013年入社。現在は、WEBデザイン、エディトリアルデザインの制作・ディレクションの仕事を担当。
白砂 貴行
UX / UIデザイナー
1990年神奈川県生まれ。2014年多摩美術大学美術学部芸術学科卒業。アプリのUXやUIを考えるデザイナーとして入社。グッズ製作などを行うユニットを個人で立ち上げ、代表兼デザイナーとしても活動中。
http://okawarishoji.thebase.in
谷津 吉宣
イラストレーター / デザイナー
1991年茨城県生まれ。 2014年多摩美術大学美術学部情報デザイン学科卒業。 2016年入社。イラストレーター「やっつん」としても活動中。
http://yattsun.com/
2006年 相模原市で「BYSPICE design」として創業。市内企業を中心としたデザイン業務をおこない、2010年 相模原市の政令指定都市プロモーションに携わる。 2011年5月 TRIAND Inc.として法人化。2013年タイに拠点を置く、RAWLENS FILM PRODUCTION CO.,LTD.と業務提携し、映像制作体制を強化。2016年渋谷に支社(神泉オフィス)を設置。

企画段階から最終成果物を描き、対話とワークショップを通して、クライアントやユーザーとの共創による、サービス・製品に関する「新規事業支援・制作支援」業務を得意とする。

Company

会社名 株式会社デスケル(DSCL Inc.) 旧社名 株式会社トライアンド(TRIAND Inc.)
資本金 4,500,000 円
設立 2011年5月
相模原本社:〒252-0131 神奈川県相模原市緑区西橋本 5-4-30 SIC2-2504
神泉オフィス:〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷2丁目20-1 Lulud.T.bldg 2F
FAX 042-633-0984

お仕事のご依頼やご相談は、お問い合わせフォームより承っております。
[お問い合わせフォーム]

Awards

2013年度グッドデザイン賞(RICOH THETA)

iF コミュニケーションデザイン賞2014(RICOH THETA)

JIDAデザインミュージアムセレクション
Vol.16 ゴールドセレクション賞(RICOH THETA)

IDEA 2015 ファイナリスト(RICOH THETA m15)

2015年度グッドデザイン賞(RICOH THETA S / m15)

iF デザイン賞2016(RICOH THETA S / m15)

IDEA 2016 ファイナリスト(RICOH THETA S)

2016年度グッドデザイン賞(360°映像文化創生活動)

Clients

相模原市役所 / 公益社団法人相模原・町田大学地域コンソーシアム / 株式会社さがみはら産業創造センター / 一般社団法人相模原市観光協会

株式会社リコー / 株式会社リクルートホールディングス / 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ / 株式会社ディー・アップ / 株式会社マイトラックス / エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社 / トランスコスモス株式会社 / 株式会社enish / 日本フイルコン株式会社 / タイムアウト株式会社 / 株式会社集英社 / 株式会社CUUSOO SYSTEM

株式会社ウイッツコミュニティ / ケンマージャパン株式会社 / 株式会社ラユニオン・パブリケーションズ / 株式会社向洋技研 / 権田金属工業株式会社 / 株式会社テクネックス工房 / 相模ピーシーアイ株式会社 / 昭和飛行機工業株式会社 / 株式会社アイネックス / 株式会社落雷抑制システムズ / ドローイングアンドマニュアル株式会社 / Kom&Co.Design Corp. / 大日本コンサルタント株式会社 / 株式会社アートアンドパート

慶應義塾大学 / 東京工業大学 / 多摩美術大学 / 相模女子大学 / 首都大学東京 / 法政大学 / 東京農業大学 / 奈良先端科学技術大学院大学 / 東京医療学院大学 / 横浜市教育委員会 他多数(敬称略・順不同)