DESIGN FOR EXPERIENCE

未来のコミュニケーションのデザイン開発支援

カシオ計算機株式会社様の未来のコミュニケーションの事業化をゴールにした新規事業開発支援を行いました。本プロジェクトは、カシオ計算機株式会社様の戦略企画室、商品企画室、デザイン室とワークショップを利用したデザイン手法によって、協働しました。

リサーチフェーズでは、任天堂Switch、HTC VIVEといった最新のデジタルプロダクトのユーザ体験、エクストリームユーザへのインタビュー、有識者インタビュー、体験作文などのツールを利用しました。

分析フェーズでは、テリトリーマップ、プロファイルマップ、ソーシャルランドスケープ、悪口ストーミング、Why5、How might we Question、インサイト因数分解などのツールを利用しました。

アイデアフェーズでは、ストーリーボード、ラピットプロトタイピング、未来のプレスリリース、ブレインライティングなどのツールを利用しました。

代表的なサービスデザインツールに加え、弊社が日本人向けに独自開発しているクリエイションツールを駆使しながら、本質的な体験価値をともに探査し、ともにアイデアを創出した上で、経営層に向けたプレゼンテーションの資料作成を協働し、最終的な事業アイデアの提案に至りました。

OTHER WORKS